福利厚生

働きやすい環境で、キャリアアップを目指せます

自分の夢と利用される方々の人生を支える仲間たち

社会福祉法人伍福会の各施設では、放課後等デイサービス・児童発達支援に関わる仕事に就きたい、福祉施設のマネジメントに携わりたいなど、様々な理想や志をもって集まった職員たちが働いています。

利用される方々の日々の生活サポートはもちろん、様々な活動・レクリエーションを企画・実行することも職員の役割。そういった職務経験を通して、各種サービスの管理責任者、役職者へとキャリアアップしていくこともできます。もちろん、キャリアに年齢は関係ありません。共に考え、チャレンジし、成長する。そして職員一人ひとりの夢を一緒に叶えていける仲間が集う職場です。

自分の夢と利用される方々の人生を支える仲間たち

社風・風土について

若い「人財」が育つ環境

各施設で活躍している職員の平均年齢は28.5歳。20代が中心となって活躍しています。また、離職率が6%と低いことも大きな特徴です。年齢が近い職員が多いため、仕事の相談はもちろん、プライベートの悩みについても気軽に相談できる環境が整っています。チームワークを活かして大きなプロジェクトを推進したり、休日を合わせて一緒に旅行へ出かけたりと、「同僚」というよりも「仲間」といった関係を築いています。

若い「人財」が育つ環境

現在は職員が一丸となって社会福祉法人をつくり上げて行こう! という段階のため、担当セクション間の壁もありません。一枚岩で共に楽しみ、共に頑張ることができ、それが若い「人財」の成長にもつながっています。

チャレンジを歓迎

職員には仕事を通してどんどん成長していってほしいというのが私たちの考え方。そのため、年齢、勤続年数に関わらず、チャレンジは大歓迎です。たとえば経験2年で新規プロジェクトのメンバーとなり、新たな施設のプロジェクトに建築図面を考える段階から携わっている職員もいます。他にも、未経験入社から3年で主任になった職員や、7年の勤務を経て課長になった職員もいるなど、チャレンジでき、かつその結果がキャリアアップにもつながっていく環境です。

チャレンジを歓迎

給与・待遇・福利厚生

給与

大学卒:月給 ⁄ 177,300~219,300円 (基本給158,800円+一律諸手当)
短大卒:月給 ⁄ 174,140~216,140円 (基本給155,640円+一律諸手当)
専門卒:月給 ⁄ 171,060~213,060円 (基本給152,560円+一律諸手当)

<基本給内訳例>
年齢給16,000円(22歳)+職能給142,800円(段階号棒表に則る)+勤務給(¥500×年数)

諸手当

諸手当合計59,000円

<諸手当内訳例>
通勤手当 10,000円(20km)
精勤手当 3,000円
資格手当 19,500円(精神保健福祉士・社会福祉士・介護福祉士の場合)
宿直手当 5000円 ⁄ 回×月3回程度
家賃補助手当 18,000円(1年目)、15,000円(2年目)、12,000円(3年目)(当法人規程に則る)
奨学金返済助成制度 5,000円 ⁄ 月

昇給 あり ※当法人給与規定に則ります。
賞与 年2回 ※当法人給与規定に則ります。
休日休暇
  • 月9日 ※平日に3連休などの休み方も可能です。
  • 希望休 ※前月指定で取得可能です。
  • 有給休暇
  • 産前産後休暇、育児休暇
  • 介護休暇
試用期間 なし
福利厚生
  • 社会保険完備(雇用・健康・厚生・労災保険)
    ※公的保険以外にも業務外も含めた疫病等による入院費用負担の保険に加入しています。
    上限50万円、ガン300万円
  • 退職金制度
  • 永年勤続表彰制度
  • 慶弔金制度
  • 子の進学祝金制度
  • 育児休業制度
  • 介護休業制度
  • 職務限定(短時間勤務等)正職員制度
  • 資格取得支援制度あり(受講料会社負担かつ勤務時間利用にて資格を取得できます)
  • 家賃補助3年間(40Km以上の引っ越しを伴う場合)
  • 希望者によるサークル活動や職員旅行も企画しています
  • 1人3000円を上限に飲食を伴う会議費(副主任以上が1人以上含まれる場合に限る)を負担
教育制度
  • 新人研修制度
  • プリセプター制度 ※先輩職員があなた専門のコーチとなり、マンツーマンで指導にあたります。気軽に何でも相談できるため、未経験の方もご安心ください。
  • 各種研修 ※社内外を問わず、必要な研修を随時開催しています。
  • 資格取得支援あり ※受講料、交通費、研修費用など、資格取得にかかる費用を当法人が全面負担します。また、勤務時間内に勉強会や研修に参加することも可能です。福祉関連の資格はもちろん、福祉関連以外の研修や勉強会への参加も歓迎します。

<教育制度の詳細は以下のページで詳しくご案内しています>
「教育制度・キャリアパス」ページへ